陰部に塗る軟膏@スーっとかゆみが引くオススメ3選

陰部のかゆみを抑えるには軟膏が一番ですがどれが一番効き目があるのか分からないですよね。このサイトでは、かゆみを抑える軟膏について書いています。
MENU

陰部に塗る軟膏@5分ですーっとかゆみが引くオススメ3選ぶ

このサイトでは、陰部に塗る軟膏について詳しく書いています。

 

陰部に塗る軟膏@スーっとかゆみが引くオススメ3選
夜寝ようと思ったらとつぜんあそこがムズムズしてきてあまりのかゆみで眠れなかった

 

こんな経験、ありませんか?

 

デリケートゾーンの悩みでダントツ1位なのが「かゆみ」というデーターもあるぐらい
多くの女性はあそこのかゆみに悩んでいます。
そんな辛いかゆみを素早く抑えるにはやっぱり「軟膏」が一番!
化粧ポーチに1本忍ばせておけば、どんなときでもサッとひと塗り5分で対処できます。

 

でも、軟膏といってもどれが一番効くのかわからないですよね
という事で今回は、陰部に塗る軟膏で本当によく効くものをご紹介しようと思います。

 

 

 

ADリッチクリーム

 

 

陰部に塗る軟膏1位 ADリッチクリームの特徴

 

ADリッチクリームの特徴は、

 

  • ステロイドは一切不用
  • エステの会社が本気で作ったクリーム
  • かゆみの原因にピンポイントでアプローチ
  • 無添加オーガニック処方
  • アトピー肌の人も愛用
  • たっぷり容量で2ヶ月以上つかる

といった感じです。

 

価格 内容量 評価
3250円 80g 陰部に塗る軟膏

 

陰部に塗る軟膏1位 ADリッチクリームの総評

ADリッチクリームはただのかゆみを抑えるだけのクリームではありません。
美容専門のエステの会社が肌の事を考えて本気で作った商品です。
100%天然由来原料なので皮膚の薄い場所にも安心して使う事ができます

 

かゆみを抑える軟膏には、ステロイド入りのものが多いですがこのADリッチクリームは一切ステロイドが入っていません
なのでステロイド入りのものを使いたくないという人にはピッタリのかゆみどめです。

 

クリームタイプなので塗ったあともべたつきがないので下着を汚す事もありません。
内容量も80gと大容量なので1本で長く使えるのでコスパもいいかゆみどめです。

 

 

 
 

フルコート

 

 

陰部に塗る軟膏2位 フルコートの特徴

 

フルコートの特徴は、

 

  • ステロイド配合の軟膏 (強さは上から3番目)
  • 皮膚炎などの炎症も同時におさえる
  • 病院で処方されるリンデロンVG軟膏と同じ成分 
  • アトピー肌の人にもつかえる 
  • 抗生物質配合

といった感じです。

 

価格 内容量 評価
3024円 20g 陰部に塗る軟膏

 

陰部に塗る軟膏2位 フルコートの総評

病院で処方されるリンデロンVG軟膏と同じ成分でできているのでかゆみへの効果は完璧です。
ステロイドも配合されているので、かゆみがとにかくひどい、市販薬はまったく薬にたたないという人にオススメ

 

医療用のクリームと同じ成分ですが、処方箋などは不用でいつでも通販で購入することができます。
1群から5群まであるステロイドの強さは3群になるので適度な強さがあるので市販薬や他の軟膏では陰部のかゆみが収まらなかったという人にはオススメです。

 

 
 

フェミニーナ軟膏

 

 

陰部に塗る軟膏3位 フェミニーナ軟膏の特徴

 

フェミニーナ軟膏の特徴は、

 

  • ステロイドは一切不用
  • 小林製薬の有名商品 
  • 市販品ドラッグストアですぐに買える 
  • デリケートゾーン専用のかゆみどめ

 

といった感じです。

 

価格 内容量 評価
1400円 30g 陰部に塗る軟膏

 

着圧ソックス3位 レッグドレナージュの総評

TVCMもしている小林製薬の有名商品です。
陰部のかゆみといえばコレを思い浮かべる人がほとんどだと思います。
ドラックストアや薬局などどもでも買えるので今すぐ必要という人にはオススメです。

 

それほど強い成分を配合していないので効く人と効かない人で大きくわかれる
良くも悪くも知名度があるので何に使う薬なのか全員にわかってしまう。

 

 

陰部のかゆみの違いについてしっておこう


一言で陰部の痒みといってもいくつか種類があるのでその違いについて知っておきましょう。

 

まず陰部の痒みには

  1. 蒸れによるかゆみ
  2. 乾燥によるかゆみ
  3. 汗によるかゆみ
  4. 生理中のかゆみ
  5. 性病が原因のかゆみ

と大きくわけて5つの痒みの原因があります。

 

1 〜 4であれば軟膏を塗ることでかゆみを抑えることができるのですが、5の場合は細菌が発生する事でのかゆみなのでこの場合はいくら軟膏を塗ってもかゆみはおさまりません。
この場合は病院にいって、抗生物質をもらって菌を殺すしかかゆみとを止める方法がありません。

 

なので今あなたを悩ませているそのかゆみの原因は何なのかを知る事でかゆみを止める手助けにもなります。

 

痒いからといって絶対にやってはダメな事

陰部が痒くなるとほんと気持ちがイーーってなるのは良くわかるのですが絶対にやってはダメな事があります。

 

それは、

  • 爪でボリボリとかく
  • ボディーソープなどで必要以上に洗う

です。

 

陰部はとてもデリケートな場所なので爪でかくとその場は気持ちよくなりますが多くは陰部を傷つけるだけなのでNGです
あと、必要以上に陰部や膣を洗うのもよくありません。

 

膣の中には、悪玉菌をやっつける善玉菌が住んでいるのでボディーソープなどで必要以上に洗ってしまうと一緒に善玉菌も流れてしまうからです。
そうなると悪い雑菌が繁殖しやすくなりそれが原因でまたかゆみが出るという事もあるので必要以上に洗うのはやめましょう。

 

石鹸などはつかわずシャワーで流す程度でOKです。

 

わたしがオススメなのは1位のADリッチクリームです。

これまで、陰部に塗る軟膏を3つご紹介してきましたが私がオススメなのはやっぱり1位のADリッチクリームです。

強いステロイドを一切使っていないので、ステロイドが苦手な人、皮膚が弱い人でも安心して使えるからです。
陰部に塗るものなのでやっぱり強いものだとちょっと不安になりますしね。

 

1本で80g入っているので他の軟膏と比べてコスパもいいので長く使えるのも評価が高いです。
べたつかないクリームタイプなので下着を汚す事や、陰部がベタベタして逆に気持ち悪くなるといったような心配もありません。

 

ADリッチクリームは、

  • かゆみを静めてくれる
  • ステロイドは使っていないので肌の弱い人でも使える
  • ベタベタしないので下着が気持ち悪くならない
  • 内容量が多いのでコスパがいい

といったメリットがあります。

 

しかも今ならもしADクリームを使って合わないって人は全額返金保証付なのでリスクなしで試す事ができます。
詳しい詳細は下記リンクをクリック!

 

 

このページの先頭へ